皆さん、こんにちはFoil係長です。

注!u.D.n Racingブログは自転車チームのブログです。

タイトルのATM-09-RSCって何の事だ?何かの自転車パーツか?
と皆さん思ったことでしょう。

ATM-09-RSC

ATM-09-RSC
とは・・・







 


アニメ「装甲騎兵ボトムズ」に出てくる人型兵器(アーマードトルーパー)の一種、スコープドッグ レッドショルダーカスタムの事です。

なんでいきなりボトムズなんだ?といいますと、
その昔、ワタシが子供の時に放送していたんですが、当時は話が難解すぎてさっぱり分からず、
昨年、たまたま再放送しているのを見ていたら、あまりの面白さにすっかりハマってしまい、
勢いでバンダイ製の1/20のスコープドッグのプラモデルを購入、作成したので、そのインプレをしようという訳です。
ちなみにワタシ、プラモデルを作るのは10年ぶりぐらい。(もっとブランクがあるかも)
取り立てて何のテクニックも無いので塗装して素組しただけです。

仮にも自転車チームのブログに、こんな記事書いてよいのか?と思いましたが、リーダーが「書け」と言っているのだから仕方ない。


【箱】
超デカい。
DSCN0252

40cm×30cm、右下は大きさ比較用のGarmin Edge500
ワタシ、こんな巨大なプラモを買ったのは初めてです。
「このプラモ、金5,000円也、最も高価な俺の買ったプラモ。


【パーツの切り出し】
箱を開けるとものすごいパーツ数。ランナーがぎっしりと詰まっています。
パーツはイロプラで成形されており、塗装しなくてもそれっぽくなります。
一つのランナーに複数色のパーツが成形されているのは驚きました。正にバンダイ驚異のテクノロジー。
IMG_20180123_195252

最初はチマチマとパーツを切り出して、やすりで修正するを繰り返していたのですが、
全てのパーツをランナーから切り出して、各部位ごとに分別し、やすりで一気に修正をする方が速いと思います。


【塗装】
説明書には各塗料を混ぜて調色しろとありますが、とてもじゃないけどそんな面倒な事はできないので、
ガイアノーツ社から発売されているボトムズカラーを使用しました
ビンしかないので、エアブラシで塗装。
最初上手く塗料が乗らなくて、苦労しましたが、何回か繰り返すうちにそこそこ綺麗に塗れました。
そのままだと光沢ありでピカピカなので、半艶クリアでクリアコートして、ガンダムマーカーでスミ入れしました。

しかし「たまには塗料の匂いを嗅ぐのも悪くない」ですが、
「塗料の~匂い 染みついて~ むせる~」とか
「係長の体に染みついた塗料の匂いに惹かれて、危険なプラモが集まってくる」になったら困る。


【組立】
接着剤不要のスナップフィットです、きれいに切り出せば難なく組めると思います。
昔の1/144 300円ガンプラとか、ハメ合わせや修正が苦行に近いものがありましたが、精度も素晴らしく、
プラモデルの進化にただ感心するばかりです。(それでも10年前のキットですが・・・)
・・・が!腕とか脚の内部構造凝りすぎだろ!
説明書を初めて見た時、目を疑いましたよ。これ作るのかよ!

Arm

REG


【総評】

最初はずいぶん高いプラモデルだなぁと思いましたが、充分楽しめました。
しかしプラモ本体以外に、塗料や工具にエライ金が掛かってしまった・・・

プロポーションですが、スコープドッグってもっとずんぐりしていて、短足なイメージなんですが、脚がやや長く見えます。
脚の可動範囲を広げるために、股関節の位置が下がっているようです。
(バーコフ分隊仕様以降は股関節パーツが改修されて、位置が上下に移動できるようです。)
その他にも細かい点でいくつか気になりますが、非常によく出来ていて、とても格好いいです。
このシリーズでベルゼルガやダイビングビートルとか欲しいんですが、新作アニメでも作られないと出ないだろうなぁ・・・

DSCN0234
DSCN0236
IMG_20180121_143222
DSCN0245


年始年末を挟んで、作り上げるのに2か月ぐらい掛かりました。毎年3が日にも自転車で走りに行っていたのですが、
リーダーから
「そんなことはどうでもいいから、さっさと作れ」と、日々の進捗確認が厳しくて、せっせと手を動かしていました。
まぁそっちの方が進むんですが・・・
塗装をミスって再塗装したり、部品を壊して修復したり、順番通り組み立てなかったら、分解してやり直しとかで、
だいぶ余計な時間を食ってしまいました。ここはぜひとも再挑戦したいところですが、
最近キットの在庫が減ってきているらしく「いつでも作れるように」という名目で、
大量に買い込んで
「プラモは堆積され、歴史となり、神話となる。になったらマズい。

 

【次回予告】声の出演:銀河万丈
スコープドッグを作り終えた係長を待っていたのは、また地獄だった。
製作の後に染みついた塗料の匂いとランナーの山。高額プラモが生み出した混沌の部屋。
自転車とスキー、プラモと酒をコンクリートミキサーにかけてぶちまけた、ここはN区の係長の家。
次回
「狂犬」
来週も係長と地獄に付き合ってもらう!

RabidlyDog

(続きません、以上!)

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村