公園に行くと3人のママ達がいる。
子供は遊具で遊んでる子が2人、砂を集めている子が2人。
計7人とよく見るとベンチで酒を飲んでいるおっさんが1人。

ネットで約束していたわけでもないので、矢○口ローソンで見受けられる。

「あの人じゃね?」
「たぶんそうだね。」
「でも、違ったら、くぇrちゅいおp@」


携帯ポチポチ。



ピロリーン



「ローソン着きました。」
「右にいる集団ですw」
「やっぱりそうなんですね~」
「かっこいい自転車ですね」
「わいわい」
「GAYAGAYA]





そんなことを少しだけ期待してフェンスをくぐる。
MSKは広い砂地と遊具をみてすでにVO2maxに突入している。
暴れるMSK、
BBCARが軋む音が聞こえる。
なんてヤワなフレームなんだ。
そんな事くだらない事を考えながら掠れる様な声で、、、




「おはようございます。お邪魔します。」
(↑って言ったつもりだけどたぶん、「おまっ、じゃます」しか言ってないと思う。)




と、
小声で挨拶した。
ママ達も会話を一瞬だけとめて
「どーも」見たいな返事が返ってきた。


第一関門は突破した。とりあえず集団には残った。
安堵が広がり、朝日より少し高く上がった太陽がまぶしく見えた。
ベビーカーを止めてMSKを開放し緊張をほぐす為に軽く背伸びをした。
その瞬間MSKのFA(ファーストアタック)がバッチり決まり、謎のシャベルを握り占めている。←誰の??
一瞬のスキを着いたアタックは誰も反応できず砂で遊んでいるお友達達も気付いていない模様。
MSKのアタックは完全に成功したのだ。


集団(公園)には暗黙のマナーが存在する。
これは住んでいる地域、公園、親御さんの民度、子供の年齢、年収などにより変化があるので、どこでも通用するわけではない。
集団(公園)は生き物ということを監督(奥さん)から聞いている。
WTS(私)が経験した感じではこうだ。

1、基本的に泥遊び道具はシェア
2、子供の多少のもめ事は様子見(泳がす)
3、会話は当たり障りのない会話を心掛ける



心の準備はできていたと思ったが、不意を突かれると反応ができないのは私生活も一緒で、
MSKが力強くにぎっているシャベルは一体だれのものなのだろう。
上記に記載したマナー1を適用しようとするにもはやすぎるだろ。
というよりも、君は家を出るときに頑なに離さず持っていたSYAMOJI(しゃもじ)を酒を飲んでいるオッサンの横に投げ捨てているのだ。
シャベルは100均のお砂場セットだがあのSYAMOJI(しゃもじ)は単体で100円するのだ。
隣の芝はなんちゃらっていうけど1歳児には罪はない。とりあえずシャベル使用の承認をもらってからSYAMOJIを救出するとしよう。


















「MSKくん今日はパパなんですね?」


















いきなり話しかけられて驚いたが、なんなく無難に返答ができた。
どうやら以前来た時に奥さん顔見知りになっていたらしい。
やはり集団(公園)は生き物だと感じた。なにが起こるかわからない。
しっかりとマナー3を意識して会話ができていい雰囲気ができた。



マナー3を知らなかったら緊張して。


「あー心拍上がらねーからつらいわ。」    ←1回こうゆう状態になりたい。いつも180超で絶好調。
「やべ、Di2電池ねーや。アウターロー固定だわ」←紐です。電動乗ったことない。ほしい
「昨日2時間しか寝てないわ」         ←ばっちり7時間睡眠



的な言葉を発してしまっていたかもしれない。
無知は罪とよく言ったものだ。


MSKもシャベルを貸したり借りたりうまくやっているようで取り合えず一安心。
しかも、ママ達が同時にあそんでくれていた。いい人達ばっかりでよかった。
風が吹き葉っぱが舞う木を眺めながらこんな休日も悪くないと感じ目線を下にするとまだ酒を飲んでるオッサンがいた。
オッサンの表情は笑っているのか悲しんでいるのかもわからない。
なにかつらいことでもあったかもしれない。


いつSYAMOJI拾おうかな。


つづく